ナチュラルヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸

MENU

ナチュラルヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸

ヒアルロン酸のコスメやサプリは、顔に塗ったり、飲用して体に入れたりするので、パーフェクトにきがかりのないできるものであることが望ましいではないでしょうか。

 

それでは、皆さんが利用していたり、飲用していたりしているヒアルロン酸は、どんなものから作られているか知っていますか?
ちかごろでは、野菜などの生鮮フードでは、作り出すことした人の顔がわかるようなアイテムが多くなってきています。ところが、コスメやサプリにおいては、あまりそれが浸透していないのが現状です。

 

そのうえヒアルロン酸には、ナチュラルのものと人工のものがあることを知っていますか?
アニマルのナチュラル栄養素か作られる「ナチュラルヒアルロン酸」と、バイオ製法で人工的にできあがった「人工ヒアルロン酸」があるのです

 

人間の体の中には、ナチュラルのヒアルロン酸が存在しているのとは言ってもアニマルもおんなじに、牛や鶏のトサカなどに多勢のナチュラルヒアルロン酸が含有されているのです。

 

人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)という微生物などから、バイオ製法によって、ヒアルロン酸を製造しているのです。
この製法だと、大量に製造することができ、安いプライスで販売されているのです。
ところが、ノーリスク面を考慮するのなら、「ECM・E」という特許ラベルがされているヒアルロン酸をチョイスすることをおすすめいたします。

 

実は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)とは、「人食いバクテリア」とも呼ばれており、扁桃炎や急性咽頭炎、中耳炎などの症状を起こすことのある菌類です。
それを、バイオ製法によって、そこからヒアルロン酸を作り出しているのです。

 

飲むヒアルロン酸は、ダイレクトに私たちの体に摂り入れるものなので、人工的にできあがったものなのか、ナチュラル由来のものなのか、しっかりと栄養素ラベルを確認することがキーポイントなのです。
きがかりしないで飲用するには、なるべくナチュラルヒアルロン酸栄養素を含んだものをチョイスするようにしましょう。