MENU

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、コスメや医薬品、斯くしてフードなどにも利用をされている栄養素なので、予想外と身近に存在するものなのです。
とりわけ、コスメと医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が役立てています。

 

ベビーの肌は、わりとみずみずしくてハリがあったりしますよね。
それは、ヒアルロン酸が多く含有されているからなのです。
優れた保水パワーをもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、ローションや入浴剤、スキンクリームなどに利用をされているのです。
そのうえ洗眼液や洗口液にも利用をされているのです。

 

医薬品には、高純度のヒアルロン酸が利用をされているのです。
ヒアルロン酸の多種多様な特性を活かして、眼科オペ補助剤や点眼剤、関節メカニズム健全化剤など利用をされているのです。

 

私たちの体の中にも、ヒアルロン酸は広く存在しているのです。
パーツによってその濃度は異なりますが、とりわけ皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっているのです。

 

皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多勢のヒアルロン酸を含んでいて、肌がドライしないように働いています。

 

目の中の硝子体は、眼球のクオーツ体後方にある透き通ったゼリー状の組織で、わりとのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い様子に保つ働きをしているのです

 

そのうえ関節内の関節液には、わりとのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしているのです。

医療で用いられるヒアルロン酸の効果

 

ヒアルロン酸は、医療現場において、さまざまな場面でその効果を発揮しています。
角膜の手術や緑内障の治療、ドライアイに対して処方される薬など、
ヒアルロン酸は眼科の分野ても幅広く活用されています。

 

外科手術の場でのヒアルロン酸は、組織と組織がくっついてしまわないように使ったりします。
美容整形外科では、加齢などによりできてしまったシワの
下部に注入することで、シワを目立たなくし、
皮膚に張りと潤いを取り戻す効果が期待されています。
ヒアルロン酸の保水力の強さが、このような活用を生み出しています。

 

また、ヒアルロン酸は膝や体の節々の痛みを
軽減するという効果も期待されています。
ヒアルロン酸の関節内における衝撃吸収作用を応用した治療法です。
炎症や緩衝不足による膝の痛みに対しては、
関節のヒアルロン酸を補うことで軟骨への負担の軽減を目的としています。
関節炎をなくすことはできませんが、関節の働きを助け、日頃の関節を用いた体の動きを
サポートする作用が期待されます。

 

人は体の要所要所にヒアルロン酸を保有しています。
ヒアルロン酸はアレルギーの可能性が千人あたり1〜2人と極めてまれで、
アレルギーテストの必要がないと言われるほど、安全性も認められています。
>医療の場においても、美容や健康補助食品としても、>ヒアルロン酸は大きな効果が期待されています。